2019年9月 4日 (水)

3学年合同交流会を開催して

 2019年8月9日、3学年合同交流会を開催しました。今回の交流会には、社会福祉法人の新潟しなの福祉会の利用者様3名に「スピーカー」としてお越しいただきました。

Dsc2_2307

 交流会は、精神保健福祉援助実習を行った4年生が中心となって計画しました。実施するに当たり私達は、後輩の2・3年生は精神実習が未経験であまり理解していないと考え、精神障害について自分のイメージと実際との違いを感じ、障害だけでなくその人自身を知ってほしいと思い、精神障害・精神障害者理解目的に交流会を開催しました。

 講義のような形式ではなく、利用者様ひとりにつき少人数の学生で円になり、コミュニケーションが行き交うような交流会を目指しました。利用者の皆様ができるだけ緊張せず話しやすい環境を作ることで、利用者の皆様の性格や特徴、個性が捉えやすくなるのではないかと考えました。

Dsc3_2328

 結果、利用者お一人おひとりがどのような人生を歩んできたのかや自分の病気について、利用している施設は自分にとってどのような存在かという福祉的な視点の質問だけでなく、利用者様の趣味やマイブームなど幅広くお聞きすることができました。私が話を伺った方は実際に描いた絵日記の画像を見せてくださり、気分や体調によって絵柄や色遣いが異なっていくことを知ることができ、とても印象に残っています。

 後輩の学生からはアンケートに答えてもらいましたが、今まで自分が想像していた精神障害と実際のギャップを感じた方や精神障害や生活の視野が広がったという方などが多く、学生一人ひとり様々なことを感じ取ってもらえたようでした。今後、実習や学びの中で今回の経験が少しでも力になれば幸いです。

Dsc1_2304_2

 私達4年生も、今回の交流会を開催するまで試行錯誤しましたが、利用者の皆様や先生、後輩の学生など多くの方の力をお借りしながら貴重な経験をすることができました。参加してくださった皆様に感謝を申し上げます。

ソーシャルワークコース4年 髙木

2019年9月 3日 (火)

精神保健福祉援助実習報告会を終えて

 7月31日、青陵ホールで精神保健福祉援助実習報告会を行いました。ソーシャルワークコース4年の16名が4つのグループに分かれ、それぞれの特に伝えたい思いをまとめました。

Dsc1_2283_2

 報告会では、施設実習16日間、病院実習12日間で学んだことをグループで共有し、話し合い、より深く考え、まとめたことを発表しました。私のグループは、なかなか伝えたいことがまとまらず非常に大変でした。授業以外の時間で何時間もかけて話し合いました。それぞれが実習で何を重視して取り組んでいたか、どれが特に大切だと思ったかが違うため、着地点が見当たらず、悩み考え続けました。大変でしたが、何回も話し合ったおかげで自分たちの中で納得のいく考えにたどり着くことができました。

 他のグループも、何度も話し合い、時にはぶつかりながらも納得できるまで考え、なんとか完成させることができました。内容としては、「思い込みに気付くためには…」、「専門職として持つべき視点」、「実習生ができる『利用者理解』」、「実習で学んだ、PSWとして大切なかかわりについて」です。実習前と実習後の考えのギャップだったり、事例から見えた専門職の視点だったりと内容は様々でしたが、どれも実習を通して学んだことが伝わってくる内容となっていました。

Dsc2_2292_2 Dsc3_2237

 当日は、それぞれの現場の実習指導者さんと2・3年生、精神担当の先生方がお越しくださいました。私たちは緊張しながらもこれまでの頑張りを胸に堂々と発表ができたと思います。みなさんに質問をしていただいたり、ご指摘を受けたりと様々な声をいただき、まだまだ足りない部分の多さを自覚することができました。

 報告会が無事終了し、私たちはホッとしましたが、これで終了ではありません。私たちはまだまだ学ぶことが多く、これからも学び続けなければ目指すPSWには近づくことができません。まずは、この実習で学んだことを基に国家試験に向けて精一杯頑張っていきたいと思います。

 実習指導者のみなさま、先生方、ありがとうございました。

ソーシャルワークコース4年 松浦

2019年8月30日 (金)

第32回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)に出場しました!

001_4

 ダンス部は今年度創部2年目を迎え、新入生3名を含め10名という少人数ながらも、日々切磋琢磨しながら活動しています。
ダンスはテーマを探すことから始まり、振付、構成、音響、衣装、照明計画等すべて自分たちの手で作ります。部員全員で意見を出し合い、互いの意見を共有し、共感したり修正したりしながら、一つひとつの作品を創作しています。

 

 先日、「第32回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)」に出場してきました。
今回は「misfit」というタイトルで挑戦しました。「misfit」とは、「はみ出し者・不適合」を意味します。
この作品では、「ふつう」からはみ出た特異なカラダ同士が、向き合い、対話する様を舞踊化しています。少人数の個性を生かすために、それぞれのキャラクターを設定し、それに伴う個性的な身体性を研究しました。私たちは、人とは違う性質や身体を持つがゆえに、時にズレや摩擦を起こします。この作品には、本来は誰もが個性的であり、それは持ちつ持たれつの関係性であるというメッセージを込めています。作品創作にあたっては、「ちがい」「多様性」等のキーワードをもとに、テーマを広げたり深めたりしながら、日頃私たちが学んでいることを生かして情報収集しました。

003

004

 出場2回目の今年は、目標としていた決選進出を果たすことができませんでしたが、昨年よりも前向きな講評をいただくことができました。「青陵大学の作品が好き」という声も多く聞くことができたのも、自信と成長に繋がりました。私たち自身も、構成のこだわりや体の使い方、表現方法など一歩前進できた作品になったと感じています。
他に「世界観はスタイリッシュ。自分たちの感性を貫いていけばよい」との講評をいただいた一方で、その作品を表現する上で「人数が足りない(※この大会ではある程度の人数が重要)」、「身体言語が足りない」ともご指摘いただきました。今後はダンスの基礎をさらに磨きながら、身体言語を豊富に持つために研究していきたいと思います。そして、ダンス部が多くの方々に応援され、魅力的な存在になれるよう、今後も努力を続けたいと思います。

007_2大会出場のため、ご支援いただいた全ての方々に感謝いたしますflair

2019年7月29日 (月)

総合健康相談会 SCIP(すきっぷ)を開催しました

みなさん、こんにちはhappy01

去る7月17日(水)、本学1号館のプレゼンサークルにて、coopys主催のイベントが開催されました。coopysメンバーから感想が届いたのでご紹介しますwink


梅雨に入り、じめじめした気候の中、気温の変化が激しく体調を崩しやすい季節になりましたrain
来たるテストに備えて体調管理に気を使うこの時期に、皆さんに勉学に集中できる健康状態を保ってもらうため、総合健康相談会 SCIP(すきっぷ)を開催することにしましたflair
SCIPとは、「Support to Care for Illness and Physical」の略称です。

Img1_8295

楽しく自分の健康状態を見直してもらうため、ドクターフィッシュパーソナルカラー診断等、体験型のブースをいくつか設けるなど、沢山の方に参加していただけるような工夫をしましたshine

Img2_8291 Img3_8296

特に人気だったのはアルコールに関するブースでしたbeer
酩酊メガネを使った酔っ払い視覚体験や、アルコールパッチテストで、参加者は楽しみながらお酒との上手な付き合い方を学んでいました。

そして、普段なかなかお話することができない栄養士さんのブースでは、ダイエットや普段の食事について、多くの方が相談をされていましたeye

Img5_8284

Img6_2

参加者のアンケートには「楽しかったshine「食生活について見直そうと思ったrestaurantなどの声があげられました。ありがとうございますsign01
今回、総合健康相談会を開催するにあたって、ご協力いただいた教職員の方々、栄養士さん、また、参加してくださった学生の皆さん、本当にありがとうございました。

これからもCoopysは学生のより良い生活のために活動していきますsign03

2019年5月28日 (火)

プレイデー【小川ゼミ編】

みなさん、こんにちはhappy01

今日は人間総合学科より、小川先生のゼミの学生さんの感想をお届けします!


こんにちはsign01
人間総合学科2年の袖山聖毬です。

今年も小川ゼミは、ホテルオークラ新潟のランチバイキングでしたrestaurant
1年生15名、2年生5名、そして先生を含め、計21名でした。

1年生と交流したのは初めてで緊張しましたが、食事をしているうちに打ち解けることができ、とても楽しかったですnotesまた、今年は10連休があり、まだ1年生同士の交流も少なかったため、このプレイデーを通して、より、仲を深めることが出来たようですshine

Dsc_02251

1年生とは、学校生活の話やアルバイトの話をすることが出来て、これからの学生生活の相談にものることが出来ましたwink

2年生は、日々の就職活動を忘れて、リフレッシュすることが出来ましたsign01

1,2年生が交流する機会がこれからはなかなか無いので、この日に和気あいあいとお話することが出来て、とても有意義な時間を過ごすことが出来たので良かったですsign03

Dsc_02291

2019年5月27日 (月)

戴帽式を終えて

こんにちは。
第19回戴帽式実行委員長を務めました看護学科2年長谷川かほりです。

白衣の天使と言われたナイチンゲールの誕生日(5月12日)近辺である、5月11日に行われた戴帽式について振り返ります。

昨年の10月に戴帽式実行委員が選出され、約半年間、委員が中心となり企画・準備を行ってきました。新潟青陵大学の戴帽式は、先輩方から代々受け継がれ、学生が中心となって行われます。今年は、これまで2人ずつ行ってきた戴帽の儀を4人同時に行う形となり、何度も調整をしながら計画をしてきました。また、合唱も行い、自分達の思いを込めた戴帽式になったのではないかと思います。初めてのことばかりで試行錯誤しながらの作業でしたが、委員のみんなで意見を出し合い、先生方のご協力のもと、無事本番を迎えることができました。

Dsc080841 Dsc083071

当日は、午前中に通しのリハーサルがありました。1回目の全体練習から1か月以上経っていたのと、変更点もいくつかあったことから不安もありましたが、学生全員の協力、先生方のサポートのおかげで、スムーズに進めることができました。また、合唱や誓いの言葉の最後の練習では、今までで一番良いものができ、本番への自信につながりました。

戴帽の議では、憧れのナースキャップをかぶり、看護の道を歩む自覚を改めて持つことができました。

Dsc082491 Dsc084791

キャンドルサービスでは、学生全員で息をそろえ、看護の道を歩んでいくという強い決意ができ、ここにいるみんなで、これから様々な壁を乗り越えていくのだと実感することができました。

そして、最後にいつも私たちを支えて下さる方々への感謝の気持ちと、看護の道を歩む決意の思いを込めて「未来へ」を合唱しました。最初はなかなか声が出ないことや、揃わないことがあり、不安もありました。しかし、授業のない時間に学生全員で集まり、思いの届く合唱になるように練習を行ってきました。支えて下さる方々、対象者の皆様への感謝の気持ちを忘れずに、私たちの夢に向かっていくという思いが届いていたら嬉しいです。

Dsc084351 Dsc097261

私達は今回の戴帽式で、看護の道を歩むものとしての決意を誓いました。看護師、保健師、助産師、養護教諭と目指すものは異なりますが、今まで以上に悩んだときは、今日のこの日を思い出し、この学年の仲間と支え合いながら、一歩一歩成長していきたいと思います。戴帽式で誓ったことを胸に、これからも日々の学習、実習に励んでいきます。

Dsc087241 Dsc088381

戴帽式後に行われた写真撮影ではみんなで盛り上がり、楽しく笑顔で終えることができました。
先生方や保護者の方からは感動した、素晴らしかった等の言葉をいただくことができ、とても嬉しかったです。

このように戴帽式を無事終えることができたのは、先生方をはじめとする職員の皆様やご来賓の皆様、いつもそばで支えて下さるご家族、そして、看護学科全員の協力のおかげです。

本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

Dsc087901来年も素敵な戴帽式になることを願っていますconfident

2019年5月24日 (金)

プレイデー【青野ゼミ編】

みなさん、こんにちはhappy01

今日は幼児教育学科より、青野先生のゼミの学生さんからの感想をお届けします。


【ゼミ長・高橋くんbud

みなさんこんにちはsign01幼児教育学科2年高橋航大です。
今年の青野ゼミは、午前中にドッチボールをしてお昼はしゃぶしゃぶバイキングに行き、新潟日報展望台までお散歩をしましたrun

ドッチボールでは他のゼミと対戦をしたり、1年生対2年生で対戦するなどして、体をいっぱい動かして、青野ゼミらしい活動になりとても楽しかったですhappy01
体を動かしてお腹が空いたところで、みんなでしゃぶしゃぶバイキングに行きましたrestaurant恋愛の話や、学校生活のことなど、たくさんの話ができ、1年生と仲良くなれましたshine
たくさん食べたあとは、新潟日報展望台までお散歩に行き、新潟の景色を十分に味わうことができ、とても充実した時間になりましたsign03

Img2

【副ゼミ長・菅原さんtulip

こんにちはhappy01幼児教育学科2年菅原愛美です。
私たち青野ゼミのプレイデーは、ドッチボールをしてからみんなでしゃぶしゃぶを食べに行きましたshine

ドッチボールでは他のゼミと対決したりゼミ内での対決があったりと、とても盛り上がるバトルとなりました!ドッチボールをきっかけに1,2年生の中はぐっと縮まり、仲良く活動できたのではないかと思いますconfident
みんなで汗をかいた後は、しゃぶしゃぶへレッツゴー!しゃぶしゃぶでは1,2年生混合の席に座り、学校生活のことやそれ以外のこともたくさん話し、みんなでモリモリ食べてきました(笑)

私たち青野ゼミは運動ゼミなので、ウォーキングを兼ねてメディアシップに向かい、みんなで写真撮影をしましたcameraみんなでポーズをそろえて撮った写真は私の大切な宝物ですshineメディアシップは、新潟市内全体を見ることのできる絶景の場所でした。初めて行く子もたくさんいたのでみんなにとって良い思い出になったのではないかと思います。

プレイデーを通して、普段あまりかかわることの少ない1,2年生が楽しく交流できるいい機会になりましたflair

2019年5月23日 (木)

プレイデー【関ゼミ編】

みなさん、こんにちはhappy01

青陵短大では、5/9(木)に毎年恒例の「プレイデー」が行われました。

ちなみに、「プレイデー」とは・・・
新入生がレクリエーションを通して同級生や2年生と交流を図る一日のことです(各ゼミによって内容は異なります)。

今日は人間総合学科より、関先生のゼミの学生さんからの感想をお届けします。


こんにちはsign01
人間総合学科の高尾美紗と申しますconfident

今年は1年生のリクエストで、午前中に皆でレクリエーションをしてから、お昼にワールドビュッフェに行って来ました。今年の関ゼミは1年生18人、2年生16人と人数が多く、とても賑やかで楽しい時間を過ごすことが出来ましたnotes

2年生が4つのグループに分かれて1・2年生が少しでも仲良くなり、楽しんでもらえるようにと、工夫したレクリエーションを考えました。私のグループでは自己紹介付きフルーツバスケットと伝言ゲームをしましたが、想像していたよりも皆が楽しんでいる様子を見ることが出来て、2年生にとって最後のプレイデーとしてとても良い経験と、思い出を得ることが出来ましたshine

Img1

その他のグループのレクリエーションも小学生の頃に戻ったような気持ちになるくらい、はっちゃけることが出来て私たち2年生にとっては最高な息抜きの時間となりましたhappy01

Img2

約2時間皆で遊んだ後に、ワールドビュッフェにおじゃまして来ましたrestaurant
最初は緊張してあまり会話が弾みませんでしたが、2年生から会話を広げ、学年関係なくおしゃべりが出来て、とっても貴重な時間になったんじゃないかなと思いました。それぞれのグループから笑い声が聞こえ、1・2年生が仲良くしている姿が見えて、プレイデーを満喫できているなあ~と感じましたhappy02

久しぶりに、皆で遊び、ご飯を食べに行ったので気持ち的にリフレッシュでき、また就活頑張ろうという気持ちになることが出来ましたflair

Img32関ゼミの皆、楽しい時間をありがとうheart01

2019年5月20日 (月)

第一回ダンス部新入生歓迎公演を開催しました!

ダンス部 学生コーチの黒井です。

私たちダンス部は先月、本学体育実技室にて、初の自主公演となる第一回 新入生歓迎公演を開催し、入学したての1年生をはじめ、学内の多くの方々にお集まりいただきました。
昨年度創作した全作品を披露し、1年を総括する機会でもあった本公演は、事前準備から当日の進行まで、部員たちで一から企画・運営し、大きな達成感をもって終えることができましたshine

Dance201902_01 Dance201903_3

昨年度は3つの大会に出場したほか、学内外のイベントでの演舞や、近隣の高校生・他大学生も交えたワークショップを企画するなど、濃い活動ができました。
様々な学部・学科の部員が所属するため、集まる時間がなかなか確保できなかったり、コミュニケーション不足で失敗したりと、いくつもの壁にぶつかり、そのたびに顧問の佐藤菜美先生に背中を押されながら駆け抜けた1年間でしたconfident

Dance201904

“創る”ということも、私たちには常に大きな壁です。
テーマや振付・構成はもちろん、衣装も音源も自分たちの手で作ります。
これでいいのかと迷いながら、大会を終えても再演のたびに直し、部の歩みと共に1年かけて創りあげた作品が「Abyss」でした。
12月にりゅーとぴあ劇場で行われた大会 WORLD DANCE COMPETiTiON in NiiGATAにも「Abyss」で挑み、グループ3位という結果を残すことができましたshine

Dance201906 Dance201907

少ない部員でこれほどの活動ができたのは、私たちの活動を応援し、力を貸してくださる方々のおかげです。
今回の公演も会場設営や告知など様々な面で、多くの方の力を借りて開催することができました。

公演では「Abyss」をはじめ、観客を楽しませるだけでなく、社会へ抱く問いを投げかけたり、踊り手の感情を投影した作品も踊りました。
私たちの踊りが、観る人の心にわずかなさざ波を立て、小さな活力や、日々の学び・研究の糧となれば幸いです。
人に寄り添うことを学ぶこの大学で、これからも私たちは、心の表裏に向き合い、観る人の心を動かす踊りを探求していきたいと思います。

Dance201901

2019年3月30日 (土)

スキースノボツアー2019

みなさん、こんにちはhappy01

毎年春休み恒例の大学・短大合同行事 
『SEIRYOスキー・スノボーツアー2019』
が、3月11日(月)~13日(水)の2泊3日で実施されました。
今年は県外まで足を延ばし、スキー場は「リステル猪苗代」ski

暖冬のため雪不足が心配sweat01でしたが、中日には「グランデコスノーリゾート」へ移動し、存分に雪snowを楽しむことができましたgood

参加者(学生)は大学短大合わせて41名
引率の先生方と一緒に賑やかに楽しい時間が過ごせたようですnote

今日は、参加した学生さん 看護2年 もも・いっちゃん・ちは さんより感想が届きましたのでご紹介しま~すwink


運動神経も鈍い私ですが、インストラクターの先生が丁寧に教えてくださったおかげでターンができるようになりましたhappy02
そこからスノボにはまり大好きになりましたsign01
友達と一緒に滑れるし、部屋やご飯も自由なので友人と最高に楽しい時間を過ごすことができましたsign01本当に楽しかったheart04

Img_75231 Img_09341

私は今回のスノボ合宿は2回目の参加でした。
インストラクターが一人一人のレベルにあった指導をしてくれるので、楽しいだけではななく、レベルアップもすることができましたup
また、お楽しみ会があり、学年学科をも超えた交流をすることができましたnotes

Img_77441 Img_77061

去年の合宿以来、全く滑っていなかったにもかかわらず、きめ細かい指導のおかげですぐに感覚を取り戻せました。
去年よりも急な斜面をスピードを出しながら滑ることができ、とても気持ちが良かったですlovely
もちろん、スノボの上達も目的でしたが、友達との思い出づくりもしたく、参加を決めました。
同じ学部の人と夜まで熱く語ったり、一緒に写真を撮ったり、楽しい時間を共有できてとても楽しかったです。
リフトから見る景色や山から見下ろす猪苗代湖、美味しいご飯と露天風呂も堪能し、充実した時間を過ごすことができました。

Dsc_19221_2  Img_76731



いかがでしたか?

ツアーに参加したメンバーとの絆が深まった様子が伝わってきますねconfident
そして、みんなの滑りに磨きもかかったこと間違いなしflairですねshine

まだスキー・スノボツアーに参加したことのない青陵の在学生や、これから青陵に入学する予定のみなさん!ぜひとも来年参加してみてくださいnote

P31276981

Powered by Six Apart